肌 ターンオーバー

肌ターンオーバーが遅れると

「肌のターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)」、スキンケア関係のネットや雑誌などを見ているとよく目にする言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)かもしれませんね。

これは、皮膚の表皮細胞のサイクルのことです。

表皮細胞は毎日生まれ変わっており、その細胞の一つ一つの寿命は28日です。

つまり、肌は28日ごとにターンオーバー(生化学者のルドルフ・シェーンハイマーが発見したといわれています)することで、新陳代謝を繰り返し、細胞分裂しながら新しい肌を作っているのです。

このターンオーバー(目玉焼きを両面焼くことをこう呼びます)と目の下のクマには、密接な関係があります。

目のくまには、血行不良が原因の青いクマ、むくみやたるみが原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の黒いくま、シミやくすみが原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の茶色いクマがありますが、ターンオーバー(生化学者のルドルフ・シェーンハイマーが発見したといわれています)が関係しているのが茶色いくまです。

茶色いくまは、メラニン色素が沈着してできます。

肌は、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)や乾燥、手でこすることによる摩擦、化粧品など、毎日沢山の刺激を受けているでしょう。

これらの刺激により、メラニン色素(メラニンとも呼ねれ、動植物や原生動物の体内で合成される色素をいいます)が増えてしまうわけですが、肌のターンオーバーがしっかりと行われていれば、それが沈着することはありません。

しかし、ターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことをいいます)のリズムが崩れて遅れると、角質(別名をケラチンともいいます)層が安定しなくて、肌は外からの刺激に弱くなってカサカサとした乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)になってしまいます。

とともに、本来、アカであり、排出されるはずのメラニン色素(真性メラニンと亜メラニンの二種類があります)が排出されずに色素沈着(なるべくなら起こらないように予防したいものですね)を起こし、茶色いクマが出来てしまうかもしれませんね。

茶色いくま対策としては、乱れたターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのことです)のリズムを戻すことがなにより。

そのためには、リズムの乱れの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を除外すると共に、ターンオーバー(肌のターンオーバーは、およそ28日周期で行われているといわれています)を促進させるスキンケアがポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)といえます。


エイジングリペア

・必要な美容成分をギュッと一粒に凝縮
1.アミノ酸豊富なキルギス産馬プラセンタを使用
2.美容業界も注目の新素材デルマタン硫酸を配合
3.低分子コラーゲンを配合
4.さらに、栄養成分20種類を配合

90日間の返金保証実施中



目元の悩みに直撃!すっぴん力を上げる悩み向けシワクリーム【Gracieux(グラシュー)】

目元の悩み解消化粧品ランキング1位
皮膚の専門医との共同開発商品

若いと言われるー95%
美容にいいー95%
リピートしたいー90%
※株式会社イッティ調べのアンケート

1.肌の乾燥を防ぐ保湿成分セラミド配合
2.足りない肌の油分を補うビタミンA誘導体
3.不純物の少ない特殊なヒアルロン酸配合
4.スキンケア業界注目成分「パルミチン酸レチノール」配合
5.優れたハリ・ツヤ成分「真珠エキス・ローヤルゼリーエキス」配合



キラリエ・アイクリーム(暗い目元を自然に明るく)

1.スポーツ選手にも大人気のペプチドを3種類配合
2.乾燥肌、ビタミンA不足を解消。レチノールをたっぷり配合
3.たっぷりコラーゲンを配合

秘密
1.ふんわりとろける柔らかクリーム
2.20gで1ヶ月持ちます
3.サラサラ潤う使用感
4.リラックス効果抜群のシトラスの香りが良い影響
5.できた最高のデザイン





 

サイトマップ